Archive for the ‘投資全般’ Category

投資信託の関連会社をご紹介!信託銀行の持つ役割とは?

投資信託には、いくつかの関連会社というものが存在しています。金融商品の販売窓口となる販売会社、そして運用の指示を行う運用会社などです。これに合わせて、もう一つ重要な役割を担うのが「信託銀行」という機関です。ここではこの信託銀行の持つ役割について紹介していきたいと思います。

信託銀行の持つ役割は、投資信託にとっての銀行というわかりやすいものとなります。これについて考えるには、そもそも投資信託の仕組みというものが分かっていなければなりません。投資信託というのは、多くの投資家から預けられたお金を運用することによって利益をあげています。

投資銀行というのは、この多くの投資家から集めた資金というものを保管管理する仕事だということになります。運用する時には纏めて運用を行うことになりますが、当然配分する時には投資金額に応じて配分することになるので、誰がかどれだけ投資を行っていたのかということは分かるようにしておかなければなりません。

この信託銀行というのはこういった顧客情報の管理などもまとめて行っており、さらに投資信託自体が必要とする運用資金についても分別管理を行っています。信託銀行がしっかりしていないと、お金の不安が残るわけです。

積立てにも色々な種類がある

皆さんは積立を行っていますか?積立というと最初にイメージされるのはやはり積立預金かと思いますが、実は一口に積立てといってもその種類はいくつもあります。そこでここでは、様々な積立の方法について考えていきたいと思います。

まずは前述の積立預金です。銀行に対して毎月決まった金額を預金していくことで資産形成を行う、というのがこの方法となります。自動的に給与から引き落とすようにも出来るため、オートマチックで出来るのがメリットの一つでしょう。銀行はリスクが低いものの、資産を増やすという効果については残念ながから高くはありません。

二つ目に、積立保険というのがあります。これは保険料として毎月支払いを行い、それが保険内部に積立てられていく、というものです。こちらは銀行に比べると増やす効果が高いこともありますが、契約後数年間においては解約時に元本割れするなどのリスクを伴うことが問題点です。

三つ目に、積立投資というのがあります。これは毎月決まった額を投資に回すという積立ての方法です。行っている人は少ないでしょうが、自分なりにリスクとリターンを考えることができるのがポイントです。リスクを取ってリターンをあげるという積立ても可能になります。

相場を見ていると分かる法則

投資の上級者は複数の銘柄を同時に購入し資産運用を行ないます。これは分散投資と呼ばれる方法で、慣れてきますと確実な収益を出せるようになります。金融会社で働いているプロも、この手法を使うことをマニュアル化しているように指示を出しているという事もありまして、分散投資の手法は投資業界で絶大な支持を集めているといえますね。

分散投資は本来リスク回避の手法として使われます。一部の銘柄の価値が暴落したとしましても、他の銘柄の価値があるのなら資産の全損はありませんので、損失を防ぐには非常に効果的な手段なのです。投資経験が浅い人が分散投資で資産運用を行なった場合でも、どれかの収益が損失を打ち消してくれるという場面に遭遇しやすので比較的行ないやすい運用方法だといえます。

プロが分散投資を行なう場合についてですが、銘柄の相互関係を使い利益を効果的に上げる手法としての効果が期待できます。投資では全ての銘柄が全上昇することはありえません。どれかが上がれば必ず何かが下がってバランスを取っているものです。そのバランス関係が銘柄の相互関係です。分散投資はこの関係を理解した上で運用しますと、効率よく資産を増やせてリスクも下がるという理想的な取引きができる様になるのです。

注目ニュースはこちら
富裕層の実態に関心のある方は高岡壮一郎氏の著書をCheck!
ベストセラー書籍「富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか」で有名です。

不動産投資の収入源とは

不動産投資の収入源は入居者から毎月支払ってもらう家賃収入がメインになります。家賃収入の優れているポイントとしては、値動きがない、ということと、決まったタイミングで支払ってもらえるということ、毎月のように安定して収益が生まれるということにあります。株式や債券、その他の金融商品においては年に1、2回の配当金や分配金が収入になりますが、家賃収入の場合は毎月になりますから、年に12回、収益を得ることができます。これは不動産投資ならではのメリットです。

また、家賃収入の場合は値動きがないことから、決まった金額が安定して入ることも魅力の一つと言われています。

しかし、家賃以外の収入もあります。それは売却益です。
不動産の価格を決めるのは建物の価値やその時の地価になります。将来的に地価が上昇することがあれば、しばらく家賃収入を得て、その後、その不動産を売って利益を得ることができます。

マンションやアパートは建物自体が老朽化されてしまう以外に物質的に失ってしまうことはありません。最悪の場合、取り壊しになっても土地としての価値は残りますので、資産価値がなくならない限りはどんな状況でも売りに出せるメリットがあります。

投資を確実に成功させたいのなら

投資は危険と隣り合わせの資産運用術です。投資に参加しているという人は等しくこのリスクを背負っていますので、自分だけ安全に取引きをしたいと考えるのはずいぶんと虫の良い話だと不快感を持つ人もいるかもしれません。しかし投資のリスクとは、自分の運用法がリスクの半分を占めているものなのです。つまり資産の動かし方を見直すことで、投資を成功させる道が開けるかと思います。

投資を安全に行ないたいのでしたらやはり長期投資という考え方をするのが一番だと思います。短期的に投資で資産を増やそうと考えますと、危険な取引きを無意識にしてしまっているという場合が多く見られます。また、短期投資では目先の利益を追求するために投資の学習が出来ないという難点もあるのです。投資を上達させるのであれば、長期投資で色々な相場を冷静に見て欲しいです。

長期投資とは、長く投資を続けていくという意味だけではありません。口座内に余分な資金があったとしても、より安全性を高めるために追加の資金投入を毎月行なうと確実性が増していきます。この場合ですと、積立投資などが近い資産運用といえますので、楽をしたいのであれば、業者に積立投資を任せるのも立派な投資の手段ですね。

富裕層向けメディアで人気ビジネス書の書評を実施中
↑ためになるコンテンツなのでぜひご一読ください。

海外投資が注目される理由

日本国内でも投資活動は行えますが、その一方で海外投資も人気があります。どうしてわざわざ海外投資を行う日本人が多いのでしょうか?
以前は日本も国内で資産を保有していることこそが安全と言われていました。しかし、日本の景気がバブル崩壊後、急落するとその考え方は一変しました。日本円を日本の銀行に預けているよりも海外で銀行口座を開設して、日本円だけでなくドルやユーロなど海外の通貨を保有することこそが安全という考え方が広がりました。
この考え方が広まる中で、海外の通貨をさらに有効活用するために、海外の金融機関で取り扱う金融商品を買って資産運用しようという方が増えました。

あまり知られていませんが、日本は国内の金融機関を保護しようという傾向が昔からあります。そのため、優れた海外投資商品に関しては日本国内で販売されません。日本の投資商品は金融機関の手数料が高く設定されていますが、海外投資の自由化によってそれが一般的にも広く広まりました。そのため、どんどん日本人投資家は海外投資商品を選ぶようになりました。
また、これが投資家のブログやメディアを通じてその流れが加速していっているため、海外投資商品はどんどん拡大していっています。

この記事を読んだ方にはこちらのコンテンツもお勧めです。
魅力的な企業の経営者への独占インタビュー
起業に関心のある方必見のサイトです。

REITが急速に人気が出た理由

投資先として定着しつつあるREITですが、実は日本におけるREITの歴史はまだ浅いです。REITが短期間で多くの投資家から人気を集めたにも理由があります。

まず、REITは高い利益率が魅力です。REITの主な利益の源泉はテナントや入居者から得る賃料収入です。珍鳥収入は入居時に確定すると、その後は地価が下落しても、それに連動して賃料が値下げされるということはまずありません。そのため、REITの収入はとても安定していると言われています。

それに加えて、REITは投資法人という組織になっているのですが、投資法人の特徴は利益の90%を投資家に分配することで法人税が課税されないようになっています。つまり、一般の株式会社に投資するよりも高い分配率が可能となるので、出資した投資家にとっても得られる利益は大きくなります。

また、不動産は流動性が低く、めぼしをつけた不動産を購入する際には手続きが複雑です。しかし、REITへ投資をするのであればその欠点を補えます。株式と同じように、証券会社を通して購入しますので、リアルタイムで売買ができます。また、管理の手間もありませんし、入居者のトラブルに時間を割かれるということもありません。

海外投資の魅力とは?

1998年に金融ビッグバンの一貫として外為法の改正がありました。それ以前は海外投資を行う場合人国に対して許可や届け出が必要だったのですが、以降、自由に海外投資をすることが認められるようになりました。それによって多くの投資家が海外の銀行へ資産運用を目的に口座を開いたり、海外の国債を投資するための決済口座として利用するようになりました。海外に目を向けると、日本よりもずっと金利が高い国がたくさんありますので、海外投資への注目度はクチコミやメディアを通じて高まりつつあります。

海外投資をする上で日本国内の金融機関の口座を利用することも可能なのですが、日本の金融機関のデメリットとしては手数料がとても高いので、本来得られるはずの高い利回りは期待値に満たないものとなってしまいます。しかし、海外の口座を開設することが自由化されたことで、タックスヘブンとも呼ばれる税制の優遇された国の口座を開設することができますので、海外投資を行う日本人投資家は海外で積極的に口座を開設しています。これによって手数料を安く抑えて高い利回りで収益を手にしているのです。

また、海外ファンドは低い手数料は当たり前になっており、各社競争が激化していますので低い手数料で高品質のサービスを受けられるのです。

このような金融情勢のなか挑戦を続けるベンチャー企業がございます。
アブラハムグループの経営者メッセージ、採用情報等はこちら
ぜひお読みください。

世界のお金の価値について

世界中に溢れいてるお金ですが、その実態についてあまり理解していないという人は少なくありませんよね。お金は生活を支えてくれる素晴らしい道具であるはずなのに、お金の価値に囚われすぎであたかもお金自体に価値があるような感覚さえ覚えます。

その結果、お金さえあれば何でも手に入ったり、やりたかった夢も叶うと勘違いをしている人は多いことでしょう。これは、消費社会に生まれた宿命なのかもしれません。消費をしてお金を使ってくれなくては、経済は稼動しません。ですから、無意識に「お金が欲しい」という感覚を小さいころから埋め込まれているのです。

つまり、世の中にはニーズとウォンツがあります。ニーズは、生活に必要なお金と、ウォンツはなくても生活には支障はないが欲しいものです。このニーズとウォンツの優先順位が変わってしまうと、生活に大きな支障がでてきます。

ニーズを満たす資金は、普通に働いていれば十分まかなえますが、働く意外に「投資」といったお金の流れがあると、ウォンツは満たされやすくなります。そこでおすすめなのが「ヘッジファンド」。ヘッジファンドは、常に利益を追求したシステムなので、効率よく目標のお金の額を手に入れることができます。

不動産で暮らしを豊かに

お金は生活をするのにかかせません。今は、何をするにもお金が必要な時代なので、お金と上手に付き合うことにこしたことはないでしょう。その方法として、お金にしっかりと目的をもたせることで、賢くお金のやりくりをすることができます。

特に、お金をためることが苦手で、ついついつかってしまうという人は、「何のために、どのくらいのお金を、いつまで貯める」という明確な目的をもつことで、正しい金銭感覚がつきます。モノでお金が溢れいてる時代、正確な金銭感覚を身につけるのは容易なことではありません。いくら年を重ねても、ちょっとした油断がお金の大きな落とし穴に落ちてしまうのです。

また、お金を上手に付き合うもうひとつの方法は、お金を消費する側から運用する側になることです。例えば「投資」は、お金の流れを理解して利益を得ることができる、一番の方法です。投資にも種類があり、特に人気のあるのが「海外不動産」というのをご存知でしょうか?

グローバル化が進む中、海外不動産に注目が集まるのはとても自然なことで、少額からスタートできる安定性の高い投資としてもおすすめです。海外ということで不安を感じる人でも、しっかりとしたサポート体制も整っているので大丈夫です。