Archive for 3月, 2015

相場を見ていると分かる法則

投資の上級者は複数の銘柄を同時に購入し資産運用を行ないます。これは分散投資と呼ばれる方法で、慣れてきますと確実な収益を出せるようになります。金融会社で働いているプロも、この手法を使うことをマニュアル化しているように指示を出しているという事もありまして、分散投資の手法は投資業界で絶大な支持を集めているといえますね。

分散投資は本来リスク回避の手法として使われます。一部の銘柄の価値が暴落したとしましても、他の銘柄の価値があるのなら資産の全損はありませんので、損失を防ぐには非常に効果的な手段なのです。投資経験が浅い人が分散投資で資産運用を行なった場合でも、どれかの収益が損失を打ち消してくれるという場面に遭遇しやすので比較的行ないやすい運用方法だといえます。

プロが分散投資を行なう場合についてですが、銘柄の相互関係を使い利益を効果的に上げる手法としての効果が期待できます。投資では全ての銘柄が全上昇することはありえません。どれかが上がれば必ず何かが下がってバランスを取っているものです。そのバランス関係が銘柄の相互関係です。分散投資はこの関係を理解した上で運用しますと、効率よく資産を増やせてリスクも下がるという理想的な取引きができる様になるのです。

注目ニュースはこちら
富裕層の実態に関心のある方は高岡壮一郎氏の著書をCheck!
ベストセラー書籍「富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか」で有名です。