Archive for 11月, 2014

海外投資の魅力とは?

1998年に金融ビッグバンの一貫として外為法の改正がありました。それ以前は海外投資を行う場合人国に対して許可や届け出が必要だったのですが、以降、自由に海外投資をすることが認められるようになりました。それによって多くの投資家が海外の銀行へ資産運用を目的に口座を開いたり、海外の国債を投資するための決済口座として利用するようになりました。海外に目を向けると、日本よりもずっと金利が高い国がたくさんありますので、海外投資への注目度はクチコミやメディアを通じて高まりつつあります。

海外投資をする上で日本国内の金融機関の口座を利用することも可能なのですが、日本の金融機関のデメリットとしては手数料がとても高いので、本来得られるはずの高い利回りは期待値に満たないものとなってしまいます。しかし、海外の口座を開設することが自由化されたことで、タックスヘブンとも呼ばれる税制の優遇された国の口座を開設することができますので、海外投資を行う日本人投資家は海外で積極的に口座を開設しています。これによって手数料を安く抑えて高い利回りで収益を手にしているのです。

また、海外ファンドは低い手数料は当たり前になっており、各社競争が激化していますので低い手数料で高品質のサービスを受けられるのです。

このような金融情勢のなか挑戦を続けるベンチャー企業がございます。
アブラハムグループの経営者メッセージ、採用情報等はこちら
ぜひお読みください。

世界のお金の価値について

世界中に溢れいてるお金ですが、その実態についてあまり理解していないという人は少なくありませんよね。お金は生活を支えてくれる素晴らしい道具であるはずなのに、お金の価値に囚われすぎであたかもお金自体に価値があるような感覚さえ覚えます。

その結果、お金さえあれば何でも手に入ったり、やりたかった夢も叶うと勘違いをしている人は多いことでしょう。これは、消費社会に生まれた宿命なのかもしれません。消費をしてお金を使ってくれなくては、経済は稼動しません。ですから、無意識に「お金が欲しい」という感覚を小さいころから埋め込まれているのです。

つまり、世の中にはニーズとウォンツがあります。ニーズは、生活に必要なお金と、ウォンツはなくても生活には支障はないが欲しいものです。このニーズとウォンツの優先順位が変わってしまうと、生活に大きな支障がでてきます。

ニーズを満たす資金は、普通に働いていれば十分まかなえますが、働く意外に「投資」といったお金の流れがあると、ウォンツは満たされやすくなります。そこでおすすめなのが「ヘッジファンド」。ヘッジファンドは、常に利益を追求したシステムなので、効率よく目標のお金の額を手に入れることができます。