Archive for 10月, 2014

不動産で暮らしを豊かに

お金は生活をするのにかかせません。今は、何をするにもお金が必要な時代なので、お金と上手に付き合うことにこしたことはないでしょう。その方法として、お金にしっかりと目的をもたせることで、賢くお金のやりくりをすることができます。

特に、お金をためることが苦手で、ついついつかってしまうという人は、「何のために、どのくらいのお金を、いつまで貯める」という明確な目的をもつことで、正しい金銭感覚がつきます。モノでお金が溢れいてる時代、正確な金銭感覚を身につけるのは容易なことではありません。いくら年を重ねても、ちょっとした油断がお金の大きな落とし穴に落ちてしまうのです。

また、お金を上手に付き合うもうひとつの方法は、お金を消費する側から運用する側になることです。例えば「投資」は、お金の流れを理解して利益を得ることができる、一番の方法です。投資にも種類があり、特に人気のあるのが「海外不動産」というのをご存知でしょうか?

グローバル化が進む中、海外不動産に注目が集まるのはとても自然なことで、少額からスタートできる安定性の高い投資としてもおすすめです。海外ということで不安を感じる人でも、しっかりとしたサポート体制も整っているので大丈夫です。

海外ファンドが富裕層から人気を集めている理由

投資を行なっている人は多々いますが、富裕層から人気を集めているのが海外ファンドとされています。

富裕層がなぜ海外ファンドを選ぶのかと言えば、やはり海外ファンドが「利益」をしっかりともたらしてくれる所だからです。
富裕層だから多少損をしても良いのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。富裕層であっても損など出したい訳がありません。ましてや富裕層の場合、かけるお金も大きいですから、損失時のダメージが大きなものになってしまうのです。

だからこそ「どこでも良い」ではなく、利益をもたらしてくれるであろう会社をしっかりと見定め、結果、海外ファンドとなるのです。

意外に思う人もいるかもしれませんが、富裕層は日本の証券会社の、言わば「なぁなぁ」な姿勢を嫌います。もっと真剣にやってほしい。このように考えている人はとても多いのです。

日本の証券会社や投資信託は、顧客よりも自社の利益を追求する姿勢が強いのです。
その端的な例が取引手数料です。日本の投資信託や証券会社は、取引手数料で儲けようとする傾向がとても強いため、無駄な取引を繰り返させるのです。富裕層はこの点に反感を抱く事も多々あるため、海外ファンドに流れていくのです。

ヘッジファンド投資助言をはじめ、富裕層向けサービスを提供する高岡壮一郎氏の書籍